店長研修・スタッフ育成・チームビルド

研修の特徴

御社、貴館にとって、「店長」という仕事は、どんな仕事ですか?
何をする人が「店長」ですか?
何ができる人が「店長」なのでしょう?
「店長」の役割とは、一体なんですか?

御社、貴館の目指す「店長像」を明確にすることから、弊社の「店長研修」はスタートします。業種、業態、また、時代背景によっても「店長職」の役割は変化します。時代遅れの「店長とはこうあるべき」を押し付ける研修は全く意味がないと、我々は考えています。

現在、そして未来に向け、「どんな店長を育てたいのか?」を、まずはお聞かせください。そのビジョンを共有した上で、「御社・貴館の店長として必要とされるスキル&マインド」についてご提案し、研修プログラムを策定致します。

我々も、かつてはショップの現場で「一店長」として、チームを育ててきました。
チームをつくる難しさも、一人一人に合わせた育成の辛さも、たっぷり味わってきました。だからこそ、チームの想いが一つになり、結果が出た時の喜びも知っています。

誰一人欠けても、今日のこの成果にはつながらないことも知っています。強いチームを育てるためには、店長からスタッフへの感謝やねぎらいの言葉やが必要なことも、現実には、それがなかなか難しいことも。

ちなみに、弊社が考える「これから求められる店長」とは、次のような思考と行動を持つ人材だと考えています。

1.チャレンジ
何が成功するかわからない時代だからこそ、
ポジティブ思考で、失敗を学びに変え、何度もチャレンジができる

2.働く喜びの共有
「この店で働けてよかった!」と、スタッフに感じてもらうために
自分に何ができるか常に考え、自らも仕事を楽しむ

3.お客様視点
お客様視点で自店、自社を見ることができ、
お客様にとって楽しくワクワクする売場をつくることができる

4.効率化
時間がなくてもできる「接客トレーニング」のアイデアをたくさん持ち、
「無駄な作業はないか?もっとよいやり方はないか?」を常に問い続ける~

5.感謝
スタッフ・お客様はもちろんのこと、本部や館の担当者にも
いつも感謝の気持ちを持ち、自ら積極的にコミュニケーションがとれる

ぜひ、御社・貴館の目指す「店長像」をお聞かせください。その実現のために、全力でサポートします。

研修メニュー例

アパレル・服飾雑貨・化粧品・飲食・サービス業、あらゆる業種業態の「お店」に対応できます!
企業、メーカー、販売代行会社、ショッピングセンター、ファッションビル、アウトレットモール、百貨店など、1店舗の企業様から、300店舗を超える商業施設様まで、全国どこにでもお伺いします。

こんなことで困っていませんか?

◎店長自身が元気がない
◎店長自身が楽しそうじゃない
◎新人店長がすぐに辞めてしまう
①店長のためのモチベーションアップ研修 をご参照ください


◎スタッフがすぐにやめてしまう
◎チームがバラバラ
◎店長が、スタッフとコミュニケーションをとるのが苦手
②店長研修・スタッフ育成・チームビルド をご参照ください


◎店長によって売上に大きく差が出る
◎売上が安定しない
◎作業に追われ、店長本来の仕事ができない
③店長のための売上アッププログラム をご参照ください


◎店長が育たない
◎店長を育てる仕組みがない
◎「名前だけ店長」が大勢いる
④店長養成6か月コース をご参照ください

店長さんに「最近困っていることはなんですか?」と尋ねると、「自分自身のモチベーションが上がらないことです」「仕事が楽しいと思えないことです」という答えが返ってくることが増えてきました。

「店長」という仕事を、あまり深く理解できないまま(引き継ぎもほとんどできないケースも多いため)、ある日突然、店長に任命され、日々の業務に追われ、やりたいこともできず、モチベーションもダダ下がり。

 それでも「店長」という役割を与えられた以上は、責任を感じ、毎日予算との闘いで、精も魂も尽き果て…。御社・貴館の店長さんは、そのような状況に追いこまれていないでしょうか?

 本研修では、
「店長の役割」とは何か?⇒役割の明確化
「どんなお店を作りたいか?」⇒ビジョンの共有
「店長としての強い心をどうつくるか?」⇒セルフモチベーション
といったことをテーマに進めて参ります。

【所要時間】90分~120分(商業施設様向け)
半日、1日(企業様向け)の単発研修より、お受けいたします。連続研修や、他のメニューとの組み合わせも、もちろん可能です。お気軽にご祖談くださいませ。
【参加者のお声】

  • 「自分のメンタルが落ちてる時だったので、今日のお話は本当に元気をもらえた。何事も自分の捉え方次第だとわかった」(20代女性店長)
  • 「自分だけでなく、ほかにも同じようなことで悩んでいる人がいることがわかり、なんだか安心した。必要以上に自分を責めるのはもうやめようと思う」(30代女性店長)
  • 「実際に店長経験がある先生のお話だったので、すごくためになった。店長という仕事を、自分なりに楽しんでいいのかな、と思えた」(30代男性店長)

いつの時代も「部下育成」「チームづくり」は、店長の大きな悩みの一つです。
しかし、昨今はその悩みにも変化が表れてきました。

「仕事に対する意識が、スタッフによってあまりに違うので、同じ方向に向かせるのが大変」
「勤務形態が違うスタッフを、それぞれどのように指導していいかわからない(どこまで求めていいかわからない)」
「何度も同じミスをするスタッフをどう指導していいのかわからない」

いずれも、「これまでと、同じやり方では通用しない」ということに気付きながらも、具体的にどうしたらいいのかわからない、といった戸惑いや迷い、焦りがひしひしと伝わってきます。

本研修では、
「今求められるねぎらいリーダーシップとは?」⇒店長としての役割の明確化
「スタッフの強みを活かすしつもん育成法」⇒「傾聴」「質問」「ねぎらい」の重要性を知り、チームづくりに活かす
「コミュニケーションの苦手を手放そう」⇒コミュニケーションスキルの強化
「接客の教え方、教えます」⇒今日からできるOJTスキルの習得
他多数

といったことをテーマに、店長のお悩みに耳を傾けながら進めて参ります。

【所要時間】90分~120分(商業施設様向け)
半日、1日(企業様向け)の単発研修より、お受けいたします。連続研修や、他のメニューとの組み合わせも、もちろん可能です。お気軽にご祖談くださいませ。
【参加者のお声】

  • 「スタッフコミュニケーションで、「質問」がいかに重要かわかり、これまで自分が一方的な指示だけをしてきたかわかった」(30代女性店長)
  • 「最後の映像で、涙が止まらなくなった。お店のために頑張ってくれているスタッフのことが思いだされ、すぐに感謝を伝えた。素晴らしい研修をありがとうございました」
    (40代女性店長)
  • 「“ねぎらいのない店はダメになっていく”という言葉が強烈に残り、スタッフに意識してねぎらいの言葉をかけるようにした。スタッフの笑顔が増え、会話も増えてきた。辞めたいと言っていたスタッフも、残ってくれることになった。これからもねぎらいを続けていきたいと思う」(30代男性店長)

好調店の店長に好調要因を聞くと、
「今期は商品が当たったので」
「売れるアイテムが多かったので」
と、商品を理由に挙げる店長が、実はとても多いのです。

現実にはそうかもしれません。確かに、モノがなくては売上はつくれません。
しかし、我々は
その商品を最大限に活かすため、
しっかりと販売戦略を練り、
行動に移し、
チームを巻き込み
お客様に喜んでもらった結果
が、本来の「売上」であると考えています。

そこで、本研修では、

「自店の販売戦略を練ろう!」⇒自店の人、モノ、店、コトを活かす思考を身に付ける
「売上を上げる3ステップ」⇒①店づくり②お客様づくり③人づくりの具体的行動計画の立案と実行
「売上を安定させるリピーターづくり」⇒顧客コミュ二ティの重要性と具体的運用方法

などをテーマに、自店の“売上が上がらない理由”を一つずつ解き明かし、解決へとつげるプログラムです。

【所要時間】90分~120分(商業施設様向け)
または、半日、1日(企業様向け)の単発研修もお受けできますが、確実な売上につなげるためには、3ヶ月~1年の連続研修をお勧めします。
PDCAを回しながら、確実に売り上げアップを目指します。
また、課題分析から成果発表までのプログラム、「グループコンサル」も、合わせてご覧ください。
【参加者のお声】

  • 「店長になったばかりで、何から手をつけてよいかわからなかったが、売上をつくるステップや考え方が理解でき、ようやく自分の仕事が明確になった」(20代店長)
  • 「VMDの基本がわかり、すぐに売場で活かしたところ、早速お客さまの反応があったので、継続したいと思う。お客さま視点で売場をつくることの重要性を学んだ」
    (20代店長)
  • 「顧客イベントをする発想も余裕もなかったが、ディベロッパーの方や兼重先生のサポートで、なんとか実現でき自信につながった。スタッフが主体的に動いてくれ、成長できたことが何よりの成果だった」(30代店長)

「店は店長で決まります」
誰もが、口を揃えて同じことを言います。
しかし、現実には、「店長を育てる仕組み」を持たない企業様は決して少なくありません。

店長を育てるには、実に時間もお金もかかります。昨今の経済事情を考えると、「じっくりと時間をかけて」「きちんと予算をとって」ということが難しいことも重々理解できます。

しかし、利益を生みだすのは、いつの時代であっても「店頭」しかありえません。どんなに良い商品をつくっても、商品が勝手に利益を生むことはありません。どんなに高い賃料を払って出店しても、それだけでは売上にはならないのです。当然のことですが、結局、店頭で働く一人一人の販売員が、「売上」をつくり「利益」を生み出すのです。

そして彼ら、彼女らがその仕事を全うできるよう、束ねていくのが「店長」です。最も重要な役割なのに、あまりに置き去りになっていないだろうか…?我々はそのことが残念でなりません。

店を育てたければ、「店長」を育てることです。売上を上げたければ、「売上を上げられる店長」を育てることです。

せっかく良い売場、良い商品をつくっても、人が育っていないがために、「取れるべき売上」をみすみす逃す…、もう、こんなことやめませんか?今こそ、「店長育成」の仕組みをしっかり構築し、御社の最も重要な経営戦略との一つとして根付かせて行かれることを、切に願います。

【6か月プラン モデルケース】

事前打ち合わせ 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月
*目指すべき
「店長像」の共有
*具体的スケジュール
確定
店長の役割の共有
店長心得
ショップビジョン
店長の仕事①
「販売計画」
の立案と実行
店長の仕事②
「運営」&「役割分担」
販売計画に基づいた
スタッフの役割
アウトプット
制作物
店長ハンドブック
店長心得
店長ハンドブック
売上づくり
店長ハンドブック
チームづくり
4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月
店長の仕事③
「スタッフ育成」
スタッフの
成長ストーリーを
描く
店長の仕事④
「接客スタイル」
自店に必要な
「接客」スタイル
構築
店長の仕事⑤
「販売戦略」
自ら起案し、
成果につなげる
フロー
アウトプット
制作物
店長ハンドブック
スタッフ育成
店長ハンドブック
接客スタイル
店長ハンドブック
販売戦略

上記は、モデルケースです。御社の「目指すべき店長」にとって必要なスキル&マインドを、浸透させる仕組みづくりを構築します。また、講義ごとにアウトプットし、「店長ハンドブック」を同時に作成していくことも可能です。御社の状況に合わせカスタマイズさせて頂きます。お気軽にご相談ください。

【参加者のお声】

  • 「自社のことを深く理解し、毎回自社にとって必要な内容を提供してくれるので、店長も自分事と捉えることができ、理解も早かった」(アパレル経営者)
  • 「取り組みの後、制作をお願いしていた「店長マニュアル」を使って、今は社内でエリアマネージャーが店長育成にあたっています。長年かけてできなかったことがようやく仕組み化できており、感謝しています」(服飾雑貨企業 ご担当者)
  • 「一方的に教わるだけでなく、毎回質問によって考えさせられるので、自分で考える習慣がついた。また、スタッフへのコミュニケーションも質問が中心になり、どんどん意見を言ってくれるようになった」(30代女性店長)
  • 「最終回のねぎらいワークは、今思いだしても涙が出ます。これまで色々研修を受けてきましたが、こんな研修は初めてでした。この会社で働けてよかったと思いました」(30代女性店長)