お客様は何にお金を払うのか。商品?それとも…

こんにちは、坂本りゅういちです。

今回はお客様は一体何にお金を払っているのかについてお話ししておこうと思います。

 

皆さんは、お客様が何にお金を払っているのか考えたことはありますか?

物理的には商品やサービスですよね。それは間違いありません。

でも私は、必ず意識しておかなければならないことがあると日頃からお伝えしています。

商品を購入された、その先の未来の話です。

 

お客様は確かに商品やサービスというものに対してお金を払っています。

ですが、本当に求めているのはそこではありません。それらの商品やサービスを購入することで、その先に待っている未来を想像してお金を払っています。

例えば、カフェでコーヒーを買うためにお金を払います。

コーヒーは手に入れればそこで終わりではなくて、その後カフェの中でゆっくり楽しむことになりますよね。この場合では、カフェで落ち着いてコーヒーを飲むという体験をするためにお金を出しているわけです。

洋服でも同じです。

お客様は洋服そのものにお金を払っているわけではありません。

たとえ物理的にはそうだとしても、求めているのはその洋服を着て誰かと(もしくは一人で)遊んだり出かけたりする体験をするためにお金を払っています。

端的に言ってしまえば、お客様は未来を今よりも良くするためにお金を払っているんです。

 

この意識を持っているかどうかで、ショップスタッフの提案力は大きく変わります。商品の良さだけを説明してもお客様が買ってくれない理由はここなんです。

お客様は何にお金を払っているのか?

スタッフ同士で一度意識の確認をしてみませんか?

The following two tabs change content below.