笑顔かどうかはお客様が決める

こんにちは、坂本りゅういちです。

 

販売員にとって、と言うよりサービス業全般にとって”笑顔”は大事な要素の一つです。

笑顔で接客することがどれだけ重要な意味を持つかは、もはや説明しなくてもお分かりのことと思います。

(多分、耳にタコができるほど言われ続けていますよね笑)

 

ですが、いまだに笑顔の重要性を説かれ続けるのはなぜでしょうか?

それはやっぱり店頭で笑顔になれていないショップスタッフが少なくないからです。

私も買い物にはよく行きますが、笑顔で接してくれないスタッフにはしょっちゅう出会ってしまいます。それを見るたびに、これからも笑顔についての話は聞くのだろうなぁと感じてしまうのです。

 

では、なぜ笑顔でいられないのでしょうか。

これは視点がどちらにあるかが大きく影響しています。

 

例えば、ショップスタッフの方に「常に笑顔を忘れずにいましょうね」と伝えてもほとんどの人が「そんなことわかっているし、すでにできている」と思うでしょう。

確かにそうなんです。

ほとんどの人は笑顔が大事なことなんてとうの昔に理解しています。そして面白いことに、ほとんどの人が自分はできていると思っているのです。

しかし実際にはそうでない人が多い。

そうなってしまう理由は、視点が自分自身にあるからなんですね。

自分の中ではすでに笑顔で接客できていて別に改善する必要もないと思っている。これが問題なんです。

 

笑顔で接客できているからどうかは、視点が違います。

ショップスタッフ自身が決めることではなくて、お客様が笑顔で接客されているかどうかなんです。

視点はお客様ということですね。この違いはとても大きな意味があります。

 

いくら販売員自身が笑顔で接客しているつもりでも、お客様が笑顔ではないと感じてしまえばそれは笑顔ではありません。

大事なのは相手がどう感じるかであって、自分がどういうつもりかは関係ないんですね。

 

接客での笑顔に関して言えば、常にその部分を意識しておかなければいけません。

 

今自分は笑顔でいれているかどうか、ではなくて、今目の前のお客様の目にに笑顔で写っているかどうか。

こうやって考えられるようになると、意識が全く変わってきます。

笑顔のつもりは無くなって、相手(お客様)に笑顔に見られようとするわけです。

 

これまでどうにもスタッフが笑顔で接客してくれないとお悩みの店長やマネージャーの方がいたら、少し伝え方を変えてみてください。

「笑顔でいなさい!」ではなく「お客様に笑顔だと思われる表情でいよう」という伝え方になるだけで、笑顔の意味は大きく変わってきます。

The following two tabs change content below.