外国人のお客様への対応はまず〇〇から!

こんにちは、坂本りゅういちです。

 

訪日外国人が増え、一時期は”爆買い”などとも呼ばれていた時期がありました。

今現在ではずいぶんそんな流れは落ち着きましたが、それでも日本観光に訪れる外国人は後を絶ちません。

みなさんのショップにも外国人のお客様は来店されているかもしれませんね。

 

実は販売員の多くが、外国人客への対応に苦慮しています

言語力のある人は関係ないかもしれませんが、日本の教育から考えて他言語を話せる人が少ないのは事実です。それは販売の世界でも同様で、英語や中国語をペラペラに話せる人なんて限られています。

言葉が通じないから話せない…

わからないことを聞かれても答えられない…

そんな背景もあって、外国人のお客様が来店されるとどうしても接客ができずに躊躇してしまう販売員はたくさんいるんです。

ですが、外国人客の数が多ければその分、売上にも影響があります。

外国人かどうかは関係なく、その方もお客様の一人なのですから当然ですね。

 

そんな外国人客の対応に苦戦している販売員の方へ一つだけお伝えしておきたいことがあります。

外国人のお客様への対応は一にも二にも、とにかくここから始まります。

『声をかけること』です。

 

当たり前すぎて「なんだそりゃ」と思われたかもしれません。

でも、まず『声をかけること』さえできれば外国人客だろうと何も怖くはないんです。

 

外国人客の対応に苦慮している販売員は、とにかく声をかけることをしません。

日本人相手なら声をかけられるのに、言葉がわからないという理由で外国人には声をかけないんです。

 

ですが、これはお客様を歓迎していないのと同じです。

日本人なら「いらっしゃいませ」と声を出していれば、少なくとも多少の歓迎の意は伝えられます。

でも、「いらっしゃいませ」すらわからない外国人からすれば何も言ってきてくれないのは恐怖でしかありません。店に入っても歓迎されていない感じがして嫌なのは当たり前です。

 

だからとにかく声をかけます。

「こんにちは」と顔を見て笑顔で挨拶する。それだけでも十分です。

 

すると外国人客は歓迎されているのだと理解してくれます。

あとはこちらから何もしなくても、気になる商品があれば自分から質問しにきてくれたりするんです。

そこで言葉がわからなくても、相手も聞きたいのですからなんとかして伝えようと必死になってくれます。それをなんとか汲み取ろうとするだけで、そのお客様も「親切な人だ」と敬意を持って接してくれるようになります。

 

どの国のお客様でも、まずは『声をかけること』から。(日本人も同じですよね)

何も怖がる必要はありません。とりあえず話しかけてみれば、案外難しいことはないとわかります。

The following two tabs change content below.